スカルプシャンプーの種類

HOME >> スカルプシャンプーの種類

シャンプーには汚れを落とすためや泡立てるために、「界面活性剤」と呼ばれる成分が含まれています。
この界面活性剤により、種類が分けられているのです。

高級アルコール系

市場に出回っているシャンプーやボディーソープの約8割は、この高級アルコール系に分類されると言われています。

高級アルコール系の界面活性剤は、「ラウリル硫酸系」と呼ばれるものを使っています。

かつて、シャンプーに多く含まれていたのは「ラウリル硫酸」でしたが、頭皮に優しいシャンプーを選ぶの項目でご紹介した通り、洗浄力が強い分、肌にも影響が悪いと言われています。

そのため、最近では「ラウリル硫酸」よりも刺激の弱い、 「ラウレス硫酸」を使用することが増えているようですが、どちらにせよ「旧表示指定成分」と呼ばれる成分なので、肌への影響は良いものではありません。

肌への影響がよくないと言われつつも採用される理由としては、原価が安いため、コストが掛からなく大量生産ができる点が挙げられます。

アミノ酸系

「肌に影響が強い」高級アルコール系に対し、刺激の少ない「アミノ酸系界面活性剤」を使用した増えてきています。
アミノ酸系のシャンプーは、シャンプーの中で最も肌に優しいと言われています。

アミノ酸とは、人間の体内において血管や内臓、筋肉などのもととなる、たんぱく質を構成している成分のことをさします。

アミノ酸系シャンプーは頭皮や髪に優しい一方で、高級アルコール系が持っていた「高い洗浄力」はありません。
そのため、洗い上がりの物足りなさを感じる方も居るようです。

一部企業では肌への刺激が少ないアミノ酸の特性を維持しつつ、洗浄力を強化した独自のアミノ酸系界面活性剤を開発しているところもあります。

肌への優しさなどが大きなメリットとして挙げられているなか、原価が高いため、商品の価格がやや上がってしまうことがデメリットとして挙げられます。

石鹸系

石鹸系シャンプーは文字通り石鹸の成分を界面活性剤として使用したものです。

固形石鹸とほとんど変わらない成分のため刺激が少なく、2度洗いをしても頭皮に負担が掛からないほか、髪だけではなく全身洗うことができます。
また、汚れ落ちの良さと肌への優しさを両立しているため、脂性肌の方に適したタイプです。
石鹸と同じように無添加のものや、植物性のものも増えてきているため、「極力肌に負担を掛けたくない」「自然のものを使用したい」という方から支持を受けています。

高い洗浄力と安全性を持ち、原価も安いことからメリットの多い石鹸系ですが、髪が弱酸性なのに対して石鹸の大半はアルカリ性の為、髪がきしむというデメリットがあります。

使い続けるうちにきしみは収まり、髪の状態もよくはなりますが、高級アルコール系やアミノ酸系に慣れてしまっていると、使い勝手はあまりよくないかもしれません。

ページの先頭に戻る