スカルプシャンプーを「安全性」で比較

HOME >> スカルプシャンプーを「安全性」で比較

頭皮を洗うためのスカルプシャンプーは、成分などの安全性も大切です。
従来のシャンプーは髪を洗うためのものでしたが、スカルプシャンプーは頭皮を洗うためのシャンプーです。
体毛は本来、体にとって大切な部分を紫外線などの外的要因から守る役割を果たしています。
たくさんの毛に覆われている頭皮は非常にデリケートなため、安全な成分で優しく洗ってあげることが大切です。
スカルプシャンプーの安全性について比較してみましょう。

スカルプシャンプー安全性比較ランキング  1位

  • スカルプD
  • 安全性5.0

スカルプDは非常に強い洗浄力が特徴ですが、高い洗浄力を持ちながらも実は肌に優しいと言われているアミノ酸系シャンプーです。
肌に優しい反面洗浄力が弱いというアミノ酸系の弱点をカバーするべく、スカルプDは4年間も掛けて独自の洗浄成分を開発。
業界No.1にして努力を欠かさない姿勢が、安全性でも高い評価を得る結果となりました。

スカルプDの安全性について
4年もの歳月をかけて開発された独自の洗浄成分「アミノウォッシュ+」をはじめ、パラベンや石油界面活性剤、シリコン、合成着色料、合成香料、フェノキシエタノールを排除した「6つのピュアフリー処方」となっているため、肌に問題なく安全に使えると言えます。

スカルプシャンプー安全性比較ランキング  2位

  • プレミアムブラックシャンプー
  • 安全性3.5

アミノ酸系の洗浄成分を採用しているプレミアムブラックシャンプーは、厳選された天然成分をたっぷり配合しているため安全に使えるシャンプーと言えるでしょう。その安全性は「植物が育つ」という実証があるため、かなり自信のようです。
成分にエタノールが含まれているのがやや残念ではありますが、さほど問題はないとされています。

プレミアムブラックシャンプーの安全性について
肌に優しいアミノ酸系の洗浄成分を使っているだけではなく、石油系界面活性剤や防腐剤、シリコン、合成香料、着色料を使わない配合のため、頭皮に優しい配合になっていることが分かります。エタノールが含まれていますが、そこまで多くないので問題はないとされています。

スカルプシャンプー安全性比較ランキング  3位

  • リガオス
  • 安全性3.0

スカルプD同様に高い洗浄力を持ち、かつてはスカルプDの強力なライバルと言う声もありましたが、リニューアルしたスカルプDが大幅に成分や安全性を改善したのに対し、リガオスは成分上のこだわりや安全性が見込めず、安全性だけで考えるとあまり良いとは言えません。
頭皮に優しい成分も配合されていますが、強い成分も多く配合されています。

リガオスの安全性について
使用感こそスカルプDに近いものがありましたが、スカルプDと違い特にこだわっている成分などは見られず。塩化アルキルトリメチルアンモニウム液という陽イオン界面活性剤が含まれており、これは人体や生態系への有害性が認められる物質としても知られています。

スカルプシャンプー安全性比較ランキング  4位

  • ウーマ
  • 安全性3.0

植物由来のアミノ酸系洗浄成分を採用しているウーマシャンプーは、最高級のこうね馬油を使用しているほか、25種類の生薬を配合しています。人間の皮脂に最も近い馬油を成分として採用しているため、安全性は高いと言えるでしょう。 しかし体質によって馬油が合わない場合は痒みや赤みが生じることもあるため、万人向けとは言えません。

ウーマの安全性について
○○不使用の表記が特になく、馬油が安全ということ以外は安全性についてあまり明記していないためわかりにくいですね。ほとんどの成分は問題なく安全と言えますが、やや強力なオレフィン(C14-16)スルホン酸Naが多めに配合されています。

スカルプシャンプー安全性比較ランキング  5位

  • スカラボ
  • 安全性2.5

ランキング入りしている製品の中で唯一アミノ酸系ではないスカラボ。高級アルコール系の洗浄剤を使用しているため安全性は高いと言えず、人によっては刺激を強く感じることもありそうです。
全成分の2/3ほどは安全性に問題がないとされる成分ですが、1/3は問題のある成分が含まれていることから、スカラボの安全性に関してはやや疑問が残ります。

スカラボの安全性について
天然成分もいくつか含んでいるものの、ランキング入りしたスカルプシャンプーの中では頭皮に影響を与えるおそれのある成分が最も多く含まれています。○○不使用の表記がない他、安全性に関する記載も特になく、洗浄力が非常に強いため安全とはあまり言えません。

ページの先頭に戻る