スカルプシャンプー選びのポイント

HOME >> スカルプシャンプー選びのポイント

スカルプシャンプーのランキングや選び方や、シャンプーの種類などをご紹介してきましたが、スカルプシャンプーを選ぶのポイントとはどのような点でしょうか。

ポイント1

  • 価格のみで比較しない

「スカルプシャンプー」という大きな括りの中で選ぼうとした際に、まず注目しがちなのが「容量」や「価格」ですが、この2点に絞って選んでしまうのは大きな間違いと言えます。

無論、スカルプシャンプーは毎日使うものですから、価格が気になることも分かります。重要なのは、「その価格が商品に見合ったものであるか?」という点です。

例えば、コストが安いと言われている「高級アルコール系」のシャンプーが、比較的生産コストが掛かってしまう「アミノ酸系」と同じような値段だった場合、「どちらが適正な価格であるか?」を考える必要がありますね。

単純に価格だけで比較してしまうと、良いシャンプーとの出会いを手放すことになってしまいます。

ポイント2

  • 独自機能を比較する

同じような機能を持ったスカルプシャンプーを比較する際は、「何が違うのか」という点に着目してみましょう。

大抵、価格が高いと感じる方のスカルプシャンプーには、そのシャンプーにしかない「独自機能」がある場合が多い傾向があります。

当サイトランキング1位のスカルプDが持つ「選択洗浄機能」や、プレミアムブラックシャンプーが持つ「1本で2役」などが「独自機能」にあたります。

また、この「独自機能」はシャンプーの製造元や開発元の「こだわり」であることが多く、こうした「こだわり」が明確であるということは、それだけ真剣に頭皮や髪について考えている、という安心感にもつながりますね。

逆に言えば「独自機能」のないシャンプーは、「スカルプシャンプー」とは名ばかりの「市販品」でしかないとも言えるでしょう。

ポイント3

  • 安全性の高さを比較する

毎日使い、頭皮の事を考えて選ぶスカルプシャンプーだからこそ、値段や容量ではなく「安全性」で選びたいものです。

安全性には、まずシャンプーの種類を見る必要があります。
頭皮にとって刺激の強い高級アルコール系のものはまず論外と言えるでしょう。
選ぶのであれば石鹸系か、アミノ酸系のスカルプシャンプーを選びましょう。

配合されている成分についても良い成分を配合しているだけではなく、「余分な成分を取り除いているか」という安全性を見る必要があります。

例えば、髪や地肌を洗うシャンプーに色は要らないわけですから、「合成着色料」などは不要ということになります。

また、防腐剤としてよく使用されている「パラベン」や「フェノキシエタノール」などは、皮膚や粘膜への刺激があるため、できれば入っていない方が良いでしょう。

ページの先頭に戻る