最新のスカルプD情報

HOME >>最新のスカルプD情報

10代目となったスカルプDの新しい機能をご紹介します。

前回のスカルプD

9代目のスカルプDの最大のポイントは髪の毛の1本1本を太くする、という新技術が搭載されていました。

これには、アンファーが独自開発した「アミノウォッシュプラス」を含む、3つの成分を髪の内部に浸透させて、毛髪に潤いを与えることで膨らませ、キープするといった効果がありました。

最新作10代目の特徴

    さらにパワーアップしたナノカプセル
    「Dカプセル」

今までのスカルプDでも配合されていた毛穴よりも小さいカプセルが、より高い浸透力を求めてリニューアルされました。皮膚膜と類似した成分である大豆レシチンによって作られた「Dカプセル」によって毛髪や頭皮にまでしっかりと浸透、必要な場所へ必要な成分を届けます。

さらにきめ細かくなったモチモチ泡

今までのスカルプDも、アンファー独自開発のアミノ酸系界面活性剤「アミノウォッシュプラス」によって、頭皮の不要な皮脂や汚れだけを取り除き、必要な潤いは残す選択洗浄機能はありましたが、今回のスカルプDはさらに「ボリュームアップケラチン」を配合する事で、さらに泡を細かく、泡量もアップし、濃密な泡が頭皮・頭髪の隅々まで行きわたり、不要な汚れや脂を落としながら、必要な頭皮ケア成分や潤いを浸透させてくれます。

スカルプD史上、最高峰のハリ・コシを実現

今までのスカルプDの特徴でもあった、シャンプーした直後から感じる「ハリ・コシ」。
今回は更にこのハリとコシの実感を高めるために4つの成分を配合。
内側と外側の両方から髪へ働きかけ、今までに無い最高峰のハリ・コシを与えます。

番外編 ハリ・コシって具体的にどんなもの?

皆さんはハリ・コシについてどこまでご存知ですか?
なんとなく丈夫なイメージはあるけど、それほどよく知らないと言う人は実は多いんです。

ではハリ・コシの定義とはいったいどんなものかご説明します。

ハリとは「髪の毛の引っ張り強度」です。
髪の毛を引っ張った時に切れずに耐えれる強度の事で、 乾いた状態の髪の毛1本でおよそ150gの重さに耐えれると言われています。髪に潤いが無くキューティクルが痛んでくる事で、ハリが無くなっていきます。

コシとは「髪の毛の弾力の事です」。長い髪を指に巻きつけるとクルクルと元に戻っていきます。あの弾力性の強さがコシの強さです。
コシのない髪は立ちが悪くペタッとなってしまいます。
髪は弾力性が強いほど健康だと言えます。

ページの先頭に戻る